2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソードアートオンライン 第3話「赤鼻のトナカイ」 感想

とても久しぶりにブログを更新です。
たまに受験勉強の息抜きとかしたいので、こんな時期にアニメを見ていることを許してください

さてではSAO第3話赤鼻のトナカイの感想です42643730.jpg

↓ネタバレ含みます
第2話の時間から一気に飛んで前回は1層だったのがもう28層まで攻略は進んでいるようですね
ですがキリトはなぜか11層で「月夜の黒猫団」というギルドを助けて、そのギルドに入ってしまいました

まぁ前回から時間も経っているし、ずっと悪役のビーターを演じることに疲れたんでしょうね
もしくはソロプレイの限界が近づいてきているとか
自分のレベルを偽って20も低い数字を教えているとこからすると多分前者でしょう

そしてサチという女の子を盾持ち片手剣士として成長させる手伝いをしていました
キリトの協力もあってギルドのホームを作るための資金も溜まったようです
キリトはギルドに入ったあとも一人で最前線で狩りを続けているようでしたが、そんな時にサチが帰ってこないというメールが届きました
そこでキリトは追跡スキルを使ってサチを見つけ出し
サチはキリトに「一緒に逃げよう」と言ってきました。
死ぬのが怖い、と
キリトはサチを励ますため「君は絶対死なない」と言って聞かせます
ギルドは平均以上の安全マージンをとっているし、無理に前衛に出る必要もない
だから君は死なない、いつかゲームがクリアされる時まで

キリトの安心感が半端ないんですけど、まぁレベルからくる自身みたいなものが溢れてるんですかね
なんとなくこのままどんどん女の子を落としていきそうな気がして若干不安なんですけど
サチのような子にはきっとキリトみたいな存在が必要なんでしょう
夜にキリトの部屋を訪れた時には、なんか魔性の女みたいなオーラを感じてしまったんですけど
まぁサチにはそんな気はなく、ただ一緒にいてほしいだけのようでした
やっぱり惚れてんだろこれ!!

そんな時間が過ぎっていって、ある日リーダーがホームを「始まりの町」まで買いに行きました。
その間にギルドの仲間が、沢山稼いで驚かせようぜ、と提案します
リーダー不在でいつもより上層に行くとか嫌な予感しかしないんですけど、キリトとサチ以外はノリノリで
27層の迷宮に行ってしまいました
そんななか鍵開けの人が見るからにミミックとか出てきそうな宝箱を開けてしまいます。
それは想像通り罠で、モンスター大量発生、逃げる道具も使えないという最悪なトラップで、
キリト以外は皆死んでしまいました。

うわああああああああああ!


なんとなく予想はしてたけど酷いっすよ!サチには生きててほしかった!!
あんなあからさまなトラップに引っかかるなよ鍵のひと!

そしてそれから半年後、クリスマスの日
キリトはクリスマス限定のクエストに挑戦するようでした。
そのクエストで手に入るという噂の蘇生アイテムを手に入れるために。
クエストの発生するもみの木まで行くと、そこにクラインが現れました。
どうやら死ぬ覚悟で蘇生アイテムを求めるキリトを止めに来たようですね
このデスゲームで死んだ者は現実世界でも死ぬ、だから蘇生アイテムなんて無駄だ、と
ですが、それでもキリトは止まらず、クライン達をも切り捨てようとしました!
そこにほかのギルドが乱入し、キリトVSクラインという最悪の展開は逃れましたが、
キリトを止めることはもうできなくなったクラインはキリトに先にいけと言いました

時間は過ぎ、ボスの決着はついて、蘇生アイテムを手に入れたキリトでしたが
そのアイテムはHP0になったあとの10秒間だけ使えるという物で、つまりサチはもう生き返らないという事実を残酷に突きつけてくるものでした。

あぁ、やっぱりプレイヤーは死ぬんだなぁ。もしかしたらSAOがクリアされた時点でゲームオーバーになった人が一斉に死ぬっていう可能性もあるかなとか思ってたんですけど

自室で臥せっているキリトに死んだサチからメッセージが録音されたアイテムが届きます
そこには
自分がもう死んでいるだろうということ
怖くて、本当は始まりの街から出たくなかったこと
自分が死んだのはキリトのせいじゃないこと
キリトが強いことを知って嬉しくて安心できたこと
自分が死んでもキリトには生きて頑張って欲しいということ
死ぬ直前に言おうとした言葉「ありがとう、さようなら」
そしてクリスマスにちなんだ歌「赤鼻のトナカイ」

が録音してありました
真っ赤なお鼻のトナカイさんはいつもみんなの笑いもの。でもその年のクリスマスの日サンタのおじさんんは言いました。暗い夜道はピカピカのお前の鼻が役に立つのさ。いつも泣いてたトナカイさんは今宵こそはと喜びました。

ああああああああ・・・・(泣)
サチいいやつだった。名前の通りというかなんというか薄幸少女だっただけで彼女が死ぬ理由なんてなかったのに・・
こんな世界に巻き込まれなければ月夜の黒猫団のみんなと一緒に現実世界で楽しい生活を遅れたはずなのに

最後の歌は色々と意味は取れますよね
役に立たない自分が、キリトにずっと励ましてもらったこと(キリト=サンタ)
デスゲームという暗い道を明るく照らしてくれたことへの感謝(キリト=トナカイ)
サチを死なせてしまい、ビーターという笑いものにされているキリトへの励まし(キリト=トナカイ)


どっちにしても悲しいことにはかわりないけどなぁ!! くそぅ、涙が・・・

次回は欝じゃないといいなぁ。そして今回一気にゲームが進んでたけど、これからどうなるんだろう。
このペースだとすぐに攻略が終わりそうだ

さて、また勉強に疲れたら更新します。それでは~ノシ
スポンサーサイト

テーマ:ソードアート・オンライン - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://takasumi09.blog52.fc2.com/tb.php/66-c8b13048
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

も太郎

Author:も太郎
とある科学とかとある魔術とかデュラララ!!とかがとにかく好きな高校生です。

好きなアニメ ・とある魔術の禁書目録 ・デュラララ!!等 好きな漫画 ・ジャンプの漫画 ・ハヤテのごとく!等

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (8)
アニメ (12)
ジャンプ (1)
とある魔術の禁書目録 (7)
デュラララ!! (5)
ハヤテのごとく! (6)
WORKING (5)
けいおん!! (3)
Angel Beats (4)
荒川アンダーザブリッジ (1)
おしらせ (2)
ペルソナ4 (4)
偽物語 (1)
雑記 (1)

FC2カウンター

とある系

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。